永久脱毛の副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

永久脱毛については病気や副作用などが心配されていますが、基本的に体に悪い作用はありません。レーザー脱毛による永久脱毛を行った事例で、体に悪影響があったという症例はこれまでに無く、このことは日本医学脱毛協会でも明確に否定しています。皮膚ガンに対する不安を抱いている方がいますが、皮膚ガンの原因は紫外線であり、レーザーの光は赤外線に近いものです。そのため、皮膚ガンになってしまう心配もありません。ただし、施術による乾燥やヤケドなどの肌トラブルが発生する可能性はあります。

永久脱毛による副作用

ムダ毛の自己処理は肌バリアを傷つけ、毛穴つまりを引き起こしやすいことで毛膿炎やニキビになりやすいということがあります。そこで肌トラブルなく永久的な脱毛法としてはクリニックでのレーザー脱毛が最適です。これは黒色の毛に反応するレーザーを皮膚に当てることで毛根組織を壊して毛の再生を止める方法です。出ry九が高いために効果が大きくだからこその永久脱毛が可能なことで人気があります。副作用はほとんどありませんが、一時的に軽い火傷のような状態になるので、終了後に肌に炎症による赤みを見せる場合があります。しかし、施術前後に冷やすことや保湿を行う肌ケアを行うので、トラブルはほとんど起きないのが現状です。もし万が一の際にも医療機関だからこその素早い対応をしてもらえるので、安心して任せられます。

永久脱毛で汗が増える?

永久脱毛をすると、ワキ汗をかきやすくなるとか、ワキガになるといった口コミが見られる事がありますが、これは勘違いで、永久脱毛によってワキガやワキ汗が増えるような副作用はありません。脱毛完了後に、ワキの汗が流れた感じがする事があったとしても、今までは毛に引っかかっていた汗が、脱毛した事によって肌の上をつるっと流れるため感じるものと考えられています。また、仮にワキの汗が増えたとしても、脱毛行為がエクリン腺の発汗刺激になって一時的に起こす現象と推察されています。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

永久脱毛が行えるレーザー照射は肌に優しい施術なのですが、肌トラブルが全く起こらないわけではありません。レーザーの熱によってムダ毛の再生を止める施術ですので、終わった後に肌に赤みが現れたり火傷のような症状が引き起こされることもあります。このような症状が出たら肌をしっかりと冷却することが重要です。
敏感肌やアトピー肌の場合、一般的な肌質の人よりもリスクが高くなります。肌を健やかに保つためにはカウンセリングをきちんと受けて、不安なことがあれば伝えておくことが大切です。施術を終えた後は熱の作用によって肌が乾燥してしまいますが、乾燥すればよりデリケートな状態になりますので、保湿ケアを入念に行うことも重要です。
永久脱毛を上野でやるならここ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です