医療レーザー脱毛とエステ脱毛の違いとは?

プロによる脱毛は大きく分けて二つあります。クリニックで行う医療レーザー脱毛と脱毛エステで行う光脱毛です。医療レーザー脱毛はレーザーを皮膚に当てて毛の毛根を焼き切る方法なので永久的な脱毛効果が得られます。また医療機関であることで麻酔クリームなどの使用や万が一の際にはその場で対応できるということが特徴です。一方サロンで行う光脱毛は、黒色の毛に反応する光を照射して毛根を刺激して毛の再生を抑制する方式です。レーザーに比べて効果は低くなりますが、痛みが少ないという特徴があります。

医療レーザー脱毛の方が脱毛完了までの期間が短い

エステサロンでは光脱毛、クリニックでは医療レーザー脱毛ということで、使用する機器が違い、効果も違ってきます。エステサロンにおける光脱毛器はそれほど強い作用ではないため、減毛という形になり、約2年以上(15~20回の施術)をかけて脱毛完了を目指すこととなります。医療レーザー脱毛では、医療従事者による施術となり、成長期の毛根部分を1回の施術においてガッチリと破壊しますので、約1年(5〜6回の施術)が脱毛完了の目安となります。

医療レーザー脱毛なら肌トラブルが起きても安心

エステサロンで受けられる光脱毛とクリニックで受けられる医療レーザー脱毛は、基本的な原理は同じですが脱毛機器の出力パワーを強くすることができるのは医療レーザー脱毛になります。出力パワーを強くできるので施術時間が短縮できますが、その分リスクも大きくなるため、施術を行えるのは医師免許を持った者のみとなっています。そのため、万が一トラブルが起こった場合でも、迅速に医師による診察および治療を受けられるという利点があります。但し、クリニックならどこでも安全という訳ではありません。施術を受ける前に口コミや無料カウンセリングなどを活用して、信頼できるクリニックかどうか確認するようにしましょう。

医療レーザー脱毛の施術をするのは医療従事者のみ

医療レーザー脱毛は美容クリニックなどの医療機関で行われる脱毛方法です。エステサロンで使われる脱毛と異なりより強力な光を使って脱毛を行うことができるので照射回数が少なくて済むメリットがあります。
また医療レーザー脱毛は医療機器を使うため施術は医師が行いますし、クリニックですのでスタッフも看護師ですので安全です。また肌のトラブルが発生しても治療用の薬を処方して、迅速に対応してもらえるメリットがあります。

医療レーザー脱毛なら麻酔が使える

医療レーザー脱毛は、毛の深い部分から脱毛してくれます。クリニックやエステ施設で尾紺割れています。施術には痛みを伴うことがありますが、痛みがあるからこそちゃんと治療がされているということにもなります。クリームを塗って、笑気と磁気でむだ毛を抜いていくですが、その痛みを軽減するためにも麻酔が施術の前に行われています。歯医者さんの麻酔と同じで感覚でしてもらうと治療中ぜんぜん感覚がなくなるので体への負担が減ります。

医療レーザー脱毛ができる北海道の安い医療脱毛口コミランキングを紹介中です!医療レーザー脱毛は、皮膚科やクリニックで施術するので安心して医療脱毛ができ、キャンペーンがある場合もあります。できるだけ安く(全身・VIO(ハイジニーナ)・脇・顔・腕・足・手足・背中)脱毛したい方に評判のサイトです。